覚書

家事と算数とサイエンスとノンジャンル

日曜数学会vol.14開催

先日、今年一発目の日曜数学会(第14回)を開催しました。

 

日程を決めたのは当然昨年中。スタッフ間での予定を調整した結果。

「1/5が一番都合がいい」ということになり、

会場を探していて、前回13回目で使用した目白セミナールームが

ちょうど1/5空いていたという理由で、1/5開催となりました。

 

時は年末年始ですし、人は集まりにくい日程で、

実際20名弱の参加、LT事前申し込み4名となりました。

「この日程はチョット早まりすぎたか・・・(^^;」とは

思ったのですが、この日程だから参加できたという方も

いらっしゃったのかなぁとも。

 

何度か使用している会場ではありますが、早めに到着して準備をしたら・・

スムーズに出来まして、少し時間的に余裕が出来ました。

・・とそこで、tsujimotterさんとキグロさんが素数大富豪をプレイし始めました。

f:id:tsunut:20190106232055j:plain

とっても楽しそうなtsujimotterさんとキグロさん

写真とってくださいといわれる前に撮影してtwitterにアップしましたが(汗)

でこのゲームが終わった後、ゲーム展開の解析をされていたのが印象的です。

(将棋みたい)

 

開場時刻になったらみなさんいらっしゃいました。

今回は初めての方や二度目という方が多い印象です。

 

開始時刻となり、日曜数学会の概要説明、スタッフ紹介の後

もちろん乾杯からスタートしました。

f:id:tsunut:20190106233206j:plain

しばし歓談の時間を設け、いよいよLTタイムとなりました。

事前に申し込みがあったのは

キグロさん、tsujimotterさん、たけのこ赤軍くん、三好さん。

 

キグロさんは日曜数学会のロゴについて。

f:id:tsunut:20190106233900j:plain

いかにしてロゴが誕生したか?についてと

対数螺旋をデザインしているので、その対数螺旋について説明を。

書いているワタクシがこのロゴをデザインしたわけですが・・・

後日ロゴの件については書いてみます(^^;

 

tsujimotterさんは「萩の月問題」をテーマにお話してくださいました。

f:id:tsunut:20190106234436j:plain

本当に楽しそうに話すtsujimotterさん

ワタクシもこの萩の月の5個入りをいただいたことがあり、

パッケージ的に興味深いものでした。

(当時は数学的興味というよりもミニチュア制作にどっぷりつかっていたので

同じようなパッケージを作りたいという欲望の方が強かった)

話を聞いているワタクシもわくわくでした。わくわく。

 

f:id:tsunut:20190106235000j:plain

三好さんはカラオケの部屋割り問題についてお話くださいました。

確かに大勢でカラオケ行って部屋を分けて、部屋を行き来したりして

参加者全員と交流するにはどうしたらいいかというのはなかなかの問題です。

部屋割りまではいかなくても、会食等々で、テーブル割り問題も近いかなとも

思いました。

 

f:id:tsunut:20190106235637j:plain

たけのこ赤軍くんはLambert級数から話を展開してくださいました。

相変わらず服装をキメて遠方から。感謝です。

 

ワタクシのオットは一応地図屋でして・・・

Lambertと聞くと級数のイメージよりも地図の投影法の方が出てきました。

正積方位図法とか正角円錐図法等々ですね。

幾何的に興味がでたのですが、きっとそちらではないはずと

さすがに少し予習をしてのぞみました(汗)

 

さすがに今回は発表人数が少ないので

飛び込み発表を受け付けたところ・・・・

tsujimotterさん、せきゅーんさん、たけのこ赤軍くん、三好さん、

tb_lbさんと・・・申し出が。

皆さん、ステキです(笑)

 

tsujimotterさんは便利数のお話をしてくださいました。

なんでも「この話もしたかった」

とのこと。遠慮なさらず事前におっしゃってくださいまし。

 

せきゅーんさんはお好きな証明のお話を。

実はワタクシ、予備校時代にこの証明をある先生から伺ったことがあります。

「本当にアクロバチックな方法を使っているとは思う。

でもこういう発想がほしい。自分の引き出しとしてもっていても

いいんじゃないのかな」とのことでした。

 

たけのこ赤軍くんは高校数学からの高等数学へでした。

ちゃんと戻ってこられるのかしらとちょっと不安になりましたが

あぁ、なんか発想がスバらしいなぁと。

私にはない、数学的見方をみた感じでした。

熱意と探究心がすごいと毎回思う。

 

三好さんはパズルのお話。

ホワイトボード上ではなくて、

本当にタイルを出して考えたかった(汗)

実際にタイルピースを動かしながらでないと

ちょっとピンとこない方でして・・・

 

tb_lbさんは2019にまつわる話題をいっぱい話してくださいました。

いやぁ。本当にでてくるものですね。すごい(^^)

 

あと参加してくださったずけやまさんに

ご自身の本のご紹介を。

f:id:tsunut:20190107004351j:plain

「数学デッサン教室」という本がリリースとなりました。

中身もさることながら、装丁も楽しい内容となっているとのこと。

書店等で見かけたらぜひぜひ。

ワタクシもゲットしたいと思います。

 

今回は参加人数も20名程度で、LTの発表数もいつもよりは少なかったので

交流する時間等も比較的多く取れて、

濃密な時間をすごせたのではないかと思います。

懇親会もかなり盛り上がっていた印象があります。

 

人数も少なくてハラハラした面があったのですが、

始まってみれば「悪くないなぁ」とも思うところもありました。

 

参加してくださった皆様、お疲れ様でした。

本当にありがとうございました。

「楽しかった。また参加したい」と思っていただければ幸いです。

ぜひまたご参加ください。

 

次回は6月を予定しています。