読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩鯖あーかいぶす

家事と算数とサイエンス

数学カフェに参加してきた。

先日、数学カフェに参加してきました。

最初は「参加する」だけのはずだったのだけど・・・

 

あたしは普段、日曜数学会のスタッフなんですが、

いつもお世話になっているtsujimotterさんの誕生日が5/9とのこと。

「あー。何かお誕生日会くらいやりたいですねえ」とか

軽く言っていたのだけど、そこに何か設定することができず(汗)

 

・・と思っていたら数学カフェ、登壇されるじゃないですか!

「じゃ、差し入れくらいにケーキを持って登場しましょうか」の気分。

 

するとにわかにサプライズ企画まで話が進展して、

気がついたら、けっこう出席者もいらしゃる!(さらに大汗)

ある意味責任重大です。

日曜数学会でしかけるのとは違うので、

大丈夫かなぁとも若干心配になったのですが、

まぁ、スタッフ経験はいくつかあるので、なんとかいけるかなぁ。

 

製造はまぁ、もともとの専門(食品工学専攻)だけれども

やはりここは油断ならず、

いろんな環境を想定して下準備もかかりました。

 

数学カフェのみなさんの協力のおかげで

作業自体も割とスムーズに進められました。(感謝)

会の進行の仕掛けもすばらしく、みごとにサプライズ企画になりました。

 

で、やっとここから「素数だらけの数学カフェ」に取り組めることに。

以前から、せきゅーんさんとtsujimotterさんのコラボ企画なんて

絶対楽しい!と思っていたのですが、

やはり、やはり相当濃いぃ回でした。

 

tsujimotterさんはとっつきやすさをつけてから、

そこから加速をつけたりほっていく感じだし、

せきゅーんさんは最初からフルスロットル

がんがん進行していくタイプかなと

個人的には思います。

 

でもお二人の呼吸というか、お互いの切り口がわかっているから

お二方とも持ち味がいかせる感じなんだとも思ったりします。

もちろん打ち合わせはされたと思いますが、

された部分とおそらくされなくてもわかる部分と

あえてしない部分とあったのかなとか、あたしは思うわけです。

 

で、せきゅーんさんが

「証明されていないなら、すればいい」といった意味のことを

おっしゃってました。

 

あたしが好きなクリエーターさんがよく、

「サバちゃん、なければつくればいいんだよ。」

なんてよく言ってくれたんですが、

あたしとか、彼とかは「何か作る方向」なのでそうなりますが、

せきゅーんさんとか数学的なことをされている方はそうなるのかなぁとか。

 

せきゅーんさん、一押しの証明。

式を追いながら、なんとか食いつきました(苦笑)

相当難しいし、高等数学も半分の理解であたしどうか?とも思ったけど

でもそのニュアンスと考え方はなんとなく理解できて、

テクニックというか、突き崩し方というかをみせてもらって

「そうかここがすごくて、一流の仕事なんだね」

というエッセンスはつかめたかと。

 

あ。はい。あたし、もう少し精進します(苦笑)

 

最後に、数学カフェに参加されたみなさん

長丁場お疲れ様でした。

スタッフの皆さん、本当にお世話になりました。

あといろいろ協力していただきありがとうございました。

みなさんの協力があってからこそ、できたというものです。

 

また何かの機会に参加しにいきますのでよろしくお願いしますv