塩鯖あーかいぶす

家事と算数とサイエンス

最後までおいしく。

かっこよくサンドイッチを作るなら、

やはり落としたいのは耳。

 

あれ、なんで「耳」っていうのかな。と調べてみると

人間の「耳」からきてる。

人間の耳は顔の端にある。

そこからインスパイアで、

「平面的なものの端に位置するもの」を「耳」と呼ぶことが多い。

布の端も「みみ」っていいますね。

 

英語とか食品テクニカルタームでは"crust"っていう。

茶色くなったところ全てを指すはずなんだけど。

 

そうそう。落とした耳はどうしますか。

もちろん揚げて食べてもおいしいのだけど・・・これはどうですかねぇ。

 

f:id:tsunut:20160312081736j:plain

もう少し簡単に作れるはず。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

材料

パンの耳:市販の食パン8枚切り一斤分

バター(マーガリン):30g程度

砂糖:50-60g程度

あれば、塩レモン 大さじ1

-----------------------------------------------------------------------------------------------

作り方

1)パンの耳を2回くらいに分けて、オーブントースター2-3分焼く。

 (カリカリ目のトーストくらいの焼き色がつけばいい)

1')径の大きいフライパンを熱し、バターを溶かし、砂糖、塩レモンをいれて

 ペースト状にしておいてスタンバイしておく。

2)1')のフライパンにカリカリにやけた耳を入れて、中火くらいの火力で

 液を絡ませていって出来上がり。

 

ざっくりいうと、耳をキャラメリゼする感じ。

揚げるよりも軽くしあがります。

出来立てはふにゃっとしてますが、

さめて砂糖が結晶化するとかりかりになるのでラスクっぽくなります。

 

砂糖のかわりに蜂蜜、メイプルシロップでも可。

ただし、その場合は1')のときに溶かしバターに添加しないで

パンを入れて炒める?段階で足すほうがうまくいきます。

 

バターの代わりにオリーブオイルとか好きなオイルを使っても。

 

ちなみにこれは甘いバージョンですが、

オリーブオイルに引き換えて、

塩、こしょう、粉チーズと引き換えると完全につまみになります。

 

そうそう。日曜数学会のどっかの回で話をしようかと思うけど、

材料は完全に「変数」で、そこを代えても成立はします。

問題はその代入の仕方。あとは公式の応用のみ。

 

「あそこで使った方法」と「ここで使う方法」が似てる?が

わかってくると、これでもいけるかな?ってくるでしょ。

その辺が似てるかもね。