塩鯖あーかいぶす

家事と算数とサイエンス

ババロア的な品(1)

食品製造に余念がありません。

日曜数学会へ話を展開させようとあの手この手で考えます。

「どうせやるなら使える方向へ」なんて思うんですね。

結局食べる方向へ話を持っていくんだろう?というあなたは正解。)

 

自宅でとか簡単に目に見えて、食べられるという実験というか

製造というかは案外ある。

配合割合を正確に守れば結果が出るというので

一番やりやすいのは「凝固」だろうと思う。

 

というわけで今回は「凝固」がテーマ。

凝固といわれて、ぱっと思いつくとしたら、

「ゼリー」か「ゆでたまご」だろうと思う。

 

ゆでたまご」、いえば「たまご」は簡単なようで

「非常に扱いが難しい食材(たんぱく質)のひとつ」

とあたしは思っているので、

これは時間をかけたのちにどこかで書くことにする。

 

ゼリーあるいは寒天の方は今、いい材料があって

比較的扱いやすいので、こちらの方がおすすめ。

 

そろそろ、ひな祭りも近いので、デザート考えたいかな?

手軽に用意できて、作りおけます。

うまくやればオシャレにできるのでぜひぜひ。

 

連続して3バージョンお送りしますよv

 

一つ目はこちら。

f:id:tsunut:20160223125602j:plain

缶詰のみかんをしのばせてみましたv

 

----------------------------------------------------------------------------

(市販のプリン型4-5つ分ほど)

プレーン無糖ヨーグルト200g

生クリーム100ml

牛乳100ml

粉ゼラチン 一袋(5g)

水 50ml(ゼラチンふやかし用)

砂糖 60ml

お好きな缶詰フルーツ なんでもお好みで。量もおまかせします。

-----------------------------------------------------------------------------------

ポイントは缶詰フルーツ

これだけでも固まらない原因を減らせるのと

カットされているので汁気を切ってそのまま加えられるという手軽さ。

思い立ったらコンビニでも買えるので、使いましょう。いろどりにもなるし。

 

使ったゼラチンは森永のゼラチンで、よく利用します。

商品紹介|森永クックゼラチン|森永製菓

箱の注意書きをみると

「1袋(5g)で250mlのゼリーが出来ます。

 (やわらかめに作る場合は300mlまで増量できます)」と書いてあります。

 

「どういうことなんだろう・・・・?」と思った方、

これが次回の日曜数学会のテーマとなっております(苦笑)

この問題はちょっと戸棚にしまっておいて、先に進みます。

 

作り方

(1)生クリーム、牛乳、ヨーグルトをよく混ぜ合わせて

(2)まぜた液体を小さいなべに入れて、弱火で加熱。

(2)'ゼラチンと水を耐熱カップにいれ、

 600w-50秒ほど加熱して、ふやかしておく。

(3)(2)に砂糖を加えて、溶かします。

(4)(2)'のゼラチンを加えて、全体的に良く混ざったら火からおろす。

(5)型に液を流しいれて、フルーツを入れて、

 3時間以上冷蔵庫で冷やし固めたらできあがり。

 

かたすぎず、やわらかすぎず、という感じの仕上がりで

かつ濃厚なデザート。

「小甘いババロア系のものが食べたい。」なんて思い立ったとき、

スーパーで材料を手に入れてどうぞ。

 

次は生のフルーツを使うバージョンをお届けします。