読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩鯖あーかいぶす

家事と算数とサイエンス

食べられる「アレ」の製造シュミレーション2

**この記事は日曜数学Advent Calendar 23日目の記事です。**

22日目:「数学カフェの一年」 Haru Negamiさん

二日過ぎてまた登場のちばです。
「食べられるゼータ関数」の製造実験。これで完結。
今回はデコレーションをします。

用意したのはこちら。

f:id:tsunut:20151223162347j:plain

-----------------------------------------------

<飾り>
缶詰のパイン 輪切りで3-4枚
生クリーム  100ml程度
砂糖     10ml(大さじ1)程度
ポッキー   1本

------------------------------------------------------

今回は缶詰のフルーツを使用しました。

焼きあがった時点でケーキの採寸をし、、
あら熱を取っている間に設計しましょう。

実は一番ここが悩んだ点。
tsujimotterさんのレポートの写真と使用したスポンジケーキの量から
カッティングを推測する必要がありました。

cookpadに投稿されたレポートの写真をみると
方眼カッティングベースが見えた。
おそらく方眼をガイドにカッティングしたんじゃないかと考えた。

「推測だけで設計する」という技術はミニチュアで必要なので
そのスキルを今回も使うことにする。

15センチ径なので実寸で作成できる大きさ。
なので
15センチの円を実際に切り出し、
方眼カッティングベースにあてはめて、
実際に紙を切り、手順で使った寸法(補助線など)は細かくメモし、
組み立てながらサイズ調整をして、
仕上がってから、パーツごとに採寸するといった感じ。

「もの」にあわせて仮制作をして、
その寸法を測り、今度は本番を作るのだ。

場合によってはこの方法の方が早く、ある意味ばっちり出来たりするのと
型紙ができあがるので、切るときにこれをガイドに使える。

15センチ径のスポンジを使う場合の切り出し方、

f:id:tsunut:20151223162535j:plain


組み立て方法はこちら。

f:id:tsunut:20151223162603j:plain

 

今回、あたしは18×18cmのスクエア型を使ったので
もう少し切り出しが簡単だった。
ちなみにこう切った。

f:id:tsunut:20151223162459j:plain

f:id:tsunut:20151223162759j:plain

 

 

ポイントは切り出したパーツを立てて使う点。
今回のホットケーキは膨化がうまくいったので
高さがあり、立てても安定するので
これを活かすことにした。

もう一つは
奥側の溝をクラスタ(表面のこげ)部分を一部はがすことで表現する点。でしょうか。

この企画のために、3回製造しているんですが(!)
この「溝」の表現と生地がやわらかすぎて組み立てがうまくいかず、
思い切ってスポンジケーキ生地からホットケーキ生地へ変更し、
クラスタをはがし、生地自体に溝を作っておけば、
クリームを塗った後でもきれいに溝が作れます。

あとはクリームを塗って、

f:id:tsunut:20151223162920j:plain

フルーツを乗せて

f:id:tsunut:20151223163114j:plain

 

組み立てて出来上がり

あとは極の表現でポッキーでもたてておきましょう。

f:id:tsunut:20151223163205j:plain

 

これで完成。


そうそう。ホットケーキなので、
クリームを塗らないバージョンもできます。
それはこちら。(これがTAKE2)

f:id:tsunut:20151223163405j:plain

----------------------------
イチゴジャム 20ml
マーガリン  20g程度
バナナ    1/3本程度
ポッキー   1本
-----------------------------
これでもおいしく食べられます(笑)


・・・日曜数学アドベントカレンダーだから
「もっとまじめに数学を語れ!算数を語れ!」という感じだと思うし、
期待もあるんだと思う。

どうせ計算するなら、ごりごりやってみせるなら、
内容のレベルを下げるんじゃなくて
手にとって使える感とか
たいていの人が想像つきやすいかたちにまでできる技量と
表現力が必要なんだよね。


あたしは、受験失敗して、学校いくところなくなっちゃって、
不良の学校にいったり、予備校とかで一番学んだのはこれじゃないかと思う。

・・・つい2-3年前まで訳あって
社会とはかけ離れたアングラ?生活をしていて、
やっとペースが戻ってきたところなので、
徐々にやってきます(笑)また日曜数学でお会いしましょうv

 

24日目:「マニアックな記事か、今年の日曜数学活動まとめ」 butchi_yさん