塩鯖あーかいぶす

家事と算数とサイエンス

10といえば

*この記事は「数字でラフに語る」Adventcalendarの記事です*

今日はいよいよ二桁。
12/10。
 
10といえば、、、、
日本料理で丸十と書いてあれば
サツマイモを指します。
 
今日はサツマイモについて
書いてみます。
 
アタシ、子どもがいるもので
秋になると
「芋掘り」行事があり、
何かしらで持ち帰りがあります。
 
量もあるし、
一番の問題は家族がオトコばかり。
なのでスイーツにあまりたおせません。
惣菜にした方が良かったり。
 
どうするか。
 
てっとりばやいのは
フライドポテトで、何かの付け合わせ。
皮をむいて、水にさらして、
フライパンに油を芋がかぶるかかぶらないか程度の量をはり、
中火で加熱して、竹串がするっと
入ったら出来上がり。
あとは塩をふれば、できあがり。
案外食べやすいらしい。
 
あとは、ダイスに切ったチーズとあわせてコロッケ状に。
ポイントは芋をつぶし切らないこと。
食感と、甘さが広がり切らない工夫です。
(今、distribution of seasoningなんて
ことが頭に巡ってるので気になる
ところなんだけど。)
これはカボチャにも
応用できるテクニックです。
 
もともと徳島県に縁があるので
先日、ナルトキントキを
沢山もらいました。
そこで製造したのがコレ。
f:id:tsunut:20151210084910j:image
 

レシピはこちらを参考にしました。

変更点は、生クリーム→牛乳。
砂糖60g→50g
醤油と塩を1g程度添加しました。
 
ナルトキントキは元々甘いので
それを活かしたいのと、
付け合わせにあってもおかしくない
品に仕上げたかったから。
 
チーズいれたら、
白ワインとかスパークリングとか
すすみますよ。
入れなかったことをやや後悔、、、
 
明日も軽く語ります。