読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩鯖あーかいぶす

家事と算数とサイエンス

2といえば。

「数字でラフに語ってみる」アドベントカレンダーの話題。

 本日は12/2日なので、「2」の話題。

 

 あたしは高校時代、理科は生物と化学選択。

 基本的にはどちらも嫌いではない。どちらも好きです。

 

 で、そんなあたしが「2」と聞いて思いつくのは

   やはりの「二重螺旋構造」-DNAでしょうか。

   構造とか塩基配列の話は専門書をみていただければ

 たくさん書いてあるのでそちらをみていただくとして。

 

 この発見のバックグラウンドの話を恩師が話してくれた。

 こんな話だったと思う。

 二重螺旋の分子構造を提唱したのはワトソンとクリック。

 で、その「二重螺旋」という構造であることに行き着くまでいろいろありました。

 三重じゃないかとか、四重?っていう考え方もあった模様。

 

 でも「二重」のアイデアは実は野性の勘というか生物的勘からだったらしい。

 その理由たるや、

 生物はオスと雌、足だって、手だって1対が元になっている。

 これだって「対」なはずだよ。つまり2重螺旋構造だよ。

 その勘?から研究を重ねたら、

 「やっぱり二重螺旋だよ」と生物化学的裏づけが取れたとのこと。

 

 有る程度勉強を重ねていったら、

 勉強とともに培っていく勘というかはあるんじゃなかろうか。

 初見のことだったとしても

 もしかしたら、って言葉に言い表せないような

 野性の勘でわかること、通じることってあったりする。

 

 それにたよりきったらいけないけど

 あるのとないのとでは違う気がする。

 

 あたしは・・家事以外しかうまく働かないような気がするので

 もう少し勉強しておきます(笑)

 

 (おまけ)

 

f:id:tsunut:20151202110339j:plain

 ↑↑クリームチーズがあったので、黒砂糖をつかって、

 チーズ蒸しパンやってみた。

 蒸すという工程は、蒸し器、電子レンジを使って出来るのだけど

 実はもうひとつ、圧力鍋を使っても出来る。

 ためしにやってみた。

 圧力鍋にコップ2杯くらい水をいれ、

 上げ底?をいれ、強火で火をかけて、沸騰したら弱火で5分。

 ここからがポイントで、鍋ごと流水に当てて、一気に減圧する。

 別フレーバーの蒸しパンの製造方法を参考にやってみた。

 

 

f:id:tsunut:20151202110953j:plain

 ↑こちらは電子レンジで600w-4分ほど加熱したものだけど、

 圧力鍋とはまったく違う出来上がりだ。

 

 ついつい実験癖がついている・・・・。

 問題は味だ。味。どうかなぁ・・・・・