読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩鯖あーかいぶす

家事と算数とサイエンス

かけ算の話。

内職業務を期日よりも早く終わらせたので

もちろんこの期間を使って、算数?です。

 

今の扱いは「かけ算」と「熱伝導」でしょうか。

 

熱伝導は消えては浮かび、浮かんでは消えのテーマ。

思い出せそうで思い出せない・・・できそうでできない・・・

一度やったことなんですが。

今回時間が大幅にできたので、

やってみるかと重い腰を上げました・・。

 

あれを読み、手計算をしてみたり。

もうテストもないわけで急ぎではない。

一人で特訓(?)状態でやっていたら、、、

なんとか、、思い出してきました(苦笑)

解説できるくらいにで、できたい。

できたい。できたい(希望)

 

かけ算の方もちょっと勉強中。

最終的には「順序」というテーマに仕立て上げたい。

 

そのかけ算なかなか奥が深い。

 

かけ算を使うケースって主に3つ。

1)ひとつ分の大きさからいくつ分の大きさを求めるとき

2)累加(同じ数の足し算)の簡単な表現

3)ひとつの大きさの倍を求めるとき

 

小学校もこの順番で教えられる。

 

が、しかし。

1)は簡単にこどもも理解できた。

問題はこの2)と3)。

 

演算としてかけ算が選択出来ないことが多かった。

「回数」でもかけ算を使い、

「倍」でもかけ算を使うということがよくわからなかったのかも。

あたしが「そこは気づかなかった」とうなった瞬間でもありました。

 

ちなみに、「順序」の話はこの1)に関連する。

さらに、「量」の世界と「数」の世界がある話に発展する。

 

どちらかというと、

あたしはこの「量」の世界に長くいたわけで、

(化学系といえば「量」ですよ。)

「数」といえば「量」に直結。

「数」だけに着目ということはなくはないけど少ない。

 

それを考えると相当くるしいぃぃぃいテーマだったりする。

 

ですが。やりましょう。(キッパリ)

 

アプローチ等々、考えるので

ちょっと弱いあたしは

カフェイン摂取量が日に日に倍増、指数関数的に増加中。

(もともとじゃないか?)

 

ですが。なんとかいってみます。

 

あとは遊び的になんか試作してみますv