塩鯖あーかいぶす

家事と算数とサイエンス

第二回日曜数学会へむけて(スパイラル学習)

日々の業務の合間にも

よなよな考える小学校算数。

 

「リラックスしてめくりながら読みたい。

必要なら書き込みしたい」という感じなので

基本プリントしてファイリングしていたりするのだけど・・・

現在かなりのファイリング量になってます(大汗)

資料として読み込みながら、

時に図も作ってみたり・・・といったところ。

そう。読み込みと図の作成と並行している。

 

算数は

「数と計算」「量と測定」「図形」「数量関係」

の4つのカテゴリーから構成されていて、

一番スパイラルが発生する?のが「数と計算」。

こども教えていて、一番感じたのが「分数」なので

スパイラル例としたらこれが一番かなとも思う。

 

でももうひとつ面白いなって思うのが小学校6年生の内容で、

中学校へのスパイラル!を感じる。

自分のころにはなかった内容が導入されているので

目新しいから、ここも感じてほしかったりして。

 

もちろん項目としての内容はわかると思う。

だけれども「どんな感じで小学校で取り扱っているのか」がキモだろう。

ここは伝えたいところだ。

 

とりあえず、どう伝えたらいいかを考え中。

どうせやるなら、びしっとつかめるようにやりたいんだよね。

・・・んーん。がんばります。

 

まだまだ参加お待ちしております。↓

第2回日曜数学会 | Facebook