読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩鯖あーかいぶす

家事と算数とサイエンス

第二回日曜数学会へむけて(話の展開考え中)

3-4週間ボリュームの業務と並行しながら、

さっそく下調べ中。

二男が現在使っている教科書会社のページから

資料をダウンロードしてきた。

学年単元配当表、

各領域(図形、数の概念、計算、量と測定、数量関係)の系統図が主。

1-6年の教科書内容はだいたい覚えているけれど、

(長男もみたから^^;)

改めて項目確認をすると発見もあったりする。

 

長男は低学年で新指導要領への移行措置がとられ、

教科書と別冊教材がわたされていたんだったよな。

なので、新課程の説明のガイダンスがあった。

そこで出てきたキーワードが「スパイラル学習」。

説明をされて、だいたいはつかめたんだけど、

実際に「こういうことなのか!」がわかったのは

長男たちの勉強内容を見て教えてみてからだ。

 

すごく特徴的だと思うので

これは話に盛り込みたい。

「そういうことか!」ってわかるようにしないといけない。

表現方法を考えようか。

その前にスパイラル学習って現象?実態?としてはとらえたんだけど

詳細はよくみていないのでそちらも見ておこう。

 

あとスパイラル学習という話からどういう方向へもっていこうか。

スパイラル学習からひっぱって、どっかのカテゴリーへ引きずり込むか・・・

展開方法はいろいろあるので、また少し考えるか。

 

資料が、もう、教育学的なんだわ(^^;

読みこなせるかどうか。なんとかがんばりますっ。

 

まだまだ参加お待ちしておりますv

第二回日曜数学会↓

第2回日曜数学会 | Facebook