塩鯖あーかいぶす

家事と算数とサイエンス

家事タスクの話vol.1(朝)

前回はあたしが考えうる家事タスクのマス目?の紹介をしました。

今回は朝の時間の組み立てをしましょう。

 

おさらいとして朝の家事タスクはこちらでした。

f:id:tsunut:20161126075806j:plain

これをカテゴリー分けしてみるとこんな感じ。

 

f:id:tsunut:20161126075755j:plain

で、一度これはおいておいて。

 

絶対に朝やらなくちゃいけないものと

お願いできるものを分けてみます。

f:id:tsunut:20161126080202j:plain

 

子どもが中学生ともなるといろいろできます。

カーテンを開けるとかゴミの分別は「部屋のカーテンを開けて

ふとんをたたんで部屋のゴミを持ってきておきて来て」といえばOKです。

もしくは家族を起こしにいくときに

カーテンを開けて、ついでにゴミも回収してきちゃいます。

家族がご飯を食べているすきに?おふとんをたたんでしましょう。

教えるのは時間に余裕があるときじゃないと無理なので

休日とか、早く帰宅したときを見計らって時間をかけて教えていきます。

掃除系については自分に時間がなくなったら、

「帰宅したらでよいのでこことここをやっておいて」とお願いしておいて

自分が帰宅したときにそれを引き継ぎます。

考え方としてはやってもらえたらラッキー

やってもらえたら満面の笑みで。

忘れられていたらバンゴハン遅れるけどいい?

とでもいいましょうか。

自分がやらなかったことで何が起こるか?でしょう。

 

予定のチェックは前日の晩でもいいし、

夕食の献立計画は朝ある程度決められればよいのですが

たとえば、帰り道で何か安いものが手に入ったとか

何かもらったとか、日中誰かが具合が悪くなり

病院へ行かなければならなくなったとなると夕方の時点で状況が変わります。

なので無理に朝決めなくてもいいことでもあったりします。

 

と消去法でいくと、

朝絶対にやらなくちゃいけないことは案外少ないということになります。

寝坊したとき、あるいは具合が悪いときの最低ラインやらなくちゃいけないこと

はこれで見えるんじゃないかと思います。

 

で、時間はたっぷりありそうだ。全部出来そうというときに

どういう順序でやろうかと考えたときにやっとカテゴリー分けが必要になります。

f:id:tsunut:20161126082949j:plain

 

個人的にはこの順番です。

掃除は人がいないほうがやりやすいので家族が起きてくる前に

使い出す前に。

回収しながらもって出ると効率はいいとは思いますし

回収を前もってやっておいてもって出るという方法もありです。

 

洗濯についてはいえば帰宅してからでもできるので

干す時間がないなと思えば

洗濯だけに選択しない方法もあったりします(汗)

あたしもそうなんですが、住んでいるのがマンションだという場合、

帰宅してからゴミだし可能となれば、無理に朝にねじ込むタスクでもないです。

なのでこちらも「朝しない」という選択も出来ます。

 

家事はマルチタスク基本です。

時間繰りというところでどうしても使います。

特に食事系はマルチタスクを多用します。

お弁当つくりと朝食は並行処理。

食べながら、予定確認、申し送りは出来るので

そちらもマルチタスクになるでしょうか。

 

あと子どもに体調不安がある場合は

食事つくりの途中に一度起こしに行ってみます。

体調が悪くて登校できないという場合はお弁当つくりを中止したり

朝食の調整をする必要もあるし

病院受診の必要が出てきたら予定変更がでてきて

申し送り事項が変わってくることも十分あるので。

 

特に問題がないとしたらこんなかんじでしょう。

f:id:tsunut:20161126085216j:plain

ひとつひとつのタスクのだいたいの時間を知ることも大事だし、

スピードアップできることはする必要がでてきます。

時間をかけるところはかけるけど、

かけないところはかけないでいくでしょうか。

 

ちなみに。

お弁当を作って冷ましている間に自分は朝食をさらっと食べて

家族を起こしてまわって、最後に自分が着替えて身仕度しちゃいます。

勤務の準備自体は前日の晩にまとめておくので持って出るだけです。

 

こちらもあまり時間はかけないかなぁ。

(だからいけないかも?)

 

本当にバサバサ

ということだけが判明した感じですが、またちょっとやってきます(汗)

 

 

 

 

 

 

家事タスクの話vol.0(タスクの紹介)

繁忙期に入る前の連続3日間の非番をいただきました。

数学的なこと、食品的なこと、さてどれに手をつけようか・・と

思っていたところ

こんな記事を見つけました。

publications.asahi.com

ここに「共働きの家事タスク」というものがありました。

あたし、一応主婦でして

「時間繰り」についてはライフワークじゃないかというくらい

大きな問題です。

しかも、自分の状況が変わるたびに見直しを常にしなければなりません。

一度は話題とかLTにしてみようと思っていたのですが

考えてみたら数学でも算数でもない

のでLTというスタイルでは不可能でした。

(数学なんだろうか、算数なんだろうか

理科なんだろうかどっちにもまたがるような話が大好物です。)

 

タスクをちらっとみてみると、

経てきた経歴と生活環境が違うのでタスクが少し違うので

(現在子どもが2人中学生で

どちらも幼稚園→小学校なので多少タスクが違う)

ある程度見直しをしてつくってみました。

幼稚園、小学校だったときのことを考えて加えているタスクもあります。

ここから頭の中でどう時間繰りをやるかという話をする前に

全タスクをイントロとして公開してみます。

 

f:id:tsunut:20161125092056j:plain

f:id:tsunut:20161125092119j:plain

f:id:tsunut:20161125092130j:plain

f:id:tsunut:20161125092145j:plain

 

AERAの記事を参考に、あたしが考えうるタスクは以上です。

次回から、一日の時間繰りについて語っていこうかと思います^^;

 

日曜数学会inサイエンスアゴラ2016

11/5-6と日曜数学会としてサイエンスアゴラに出展してきました。

会場は東京都産業技術センター(D会場)の中二階。

ちょっとわかりにくい場所でした。

割り当てられたのはこのブース

f:id:tsunut:20161107211355j:plain

 

なかなかコンパクト。なので設営的にどうしよう。

机をあっちに設置してみたりこっちに設置してみたり・・

登壇者によって換えてみました。

11/5のトップはキグロさんの数学小説や漫画のご紹介。

 

f:id:tsunut:20161107211728j:plain

あたしの蔵書と3冊かぶっていました(^^)

書物大好き塩鯖としてはうれしいかぎりです。

次はやはり!のtsujimotterさん

f:id:tsunut:20161107212104j:plain

あいかわらず楽しそうに語ります。

たくさんアイテムが出てきて、本当に楽しい(笑)

 

つぎはみんな大好きクリスカさんの発表。

みなさんのご質問にお答えしながらお話してくださいました。

ライブ感あふれる発表には毎度感心しちゃいます。

 

そのつぎは松田さんの素数大富豪の発表とその場でプレイのお時間。

しゃべりがうまいなぁ^^

いろんな方々がプレイしに来てくださいました。

素数大富豪の追加ルールを考えてきてくれた子、

おもしろそうだからやってみたいときてくれて楽しんでくれた子、

楽しそうな大人たち。学生さん。・・・

本当にみんな楽しんでくれてこちらもうれしくなりました。

 

この日のラストはs.t.さんのトポロジーの発表。

s.t.さん、静かに現れて、準備をはじめて

にわかに発表が始まるのだけど、そこからがダイナミックなんです。

なんか「攻め」

しかないというか。キレキレというか。

実は使えるトポロジー。と感動しながら一日目は終了。

おもしろすぎてほかのブースを見る余裕はなし。

 

この日の晩は出展企画者の懇親会があったのですが

本業もここまで忙しく、睡眠不足もたたっていたので途中で失礼を。

がっちり休みたかったので、この日はホテル泊にしました。

会場と自宅からの距離が結構あり、

ホテル泊にすると次の日の朝のんびり出られるかなと考えたわけなのですが、

これが正解でした。

ホテルに到着して、ありえないくらい早く床につくことが出来、

次の日しゃっきり起きられ、のんびりカフェで朝食をとって

2日目、会場入りすることが出来ました。

 

11/6の朝の設営は一日目よりはるかに楽。

この日のトップはあたしでした。

f:id:tsunut:20161107215301j:plain

ギャラリーも少なかったので、

一通り説明をしたら、フエルト型紙をみせながら熱く語り、

ついでにあたしの母からセオリーを聞いた立体裁断についての雑談をしました。

数学的というよりも

単なる手芸フリーク

になっていたかも(汗)

 

二日目も11:00からtsujimotterさん登壇されたのですが

この日は20連発ではなく、25連発になっていました。

さらに、大学のときに制作していた?という趣味の数学ファイルまで登場。

うわぁあー!これすごい。

あたしの趣味の食品資料集(謎)ばりにすごい。

しかも美しいぞー・・・・。とかなり感心。

 

12:00からもっちょさんの数式お絵かきの発表と

二日目の松田さんの素数大富豪の発表+公開プレイがあったのですが、

うちの二男が一人で会場に来てくれたので

他のブースをまわりつつ、お昼に行ってました。

(すみません。<お二方)

 

あたし、どうしてもいきたいところがありました。

あらゆる料理を“式化”する ~料理を「料理の式」でとらえ、新しい料理を生み出そう!~ :: プログラム情報 :: 開催プログラム|サイエンスアゴラ scienceAGORA

もともと、この分子調理式に興味があって、

以前この塩鯖あーかいぶすでも

http://daifku.hateblo.jp/entries/2015/06/23

http://daifku.hateblo.jp/entries/2015/07/05

こんなことをやったくらいです。

機会があったら、日曜数学会のLTでもやってみます。

で、チーズタルトモデルをつくってきました。

粘土も食品も大好きなので黙ってたら

どんどん作ってしまいそうだったのですが泣く泣く1種類に。

あー楽しかった。

あとは培養肉のブースで熱く肉を語り、

二男とお昼を食べ、また日曜数学会ブースに戻りました。

 

今度はnkjゆうさんの発表でした。

数字で語る微生物です。

もちろん、あたしも農学部出身です(苦笑)

生物オタクというくらい師匠?に鍛え上げられているので

生物にはなじみ深いわけで毎回楽しみです。

ただ・・やっかいなことに、

微生物というと、

あたしはど、どーしても食品ベースににかたよってしまう

ところが・・ちょっとです(^^;;

広く視野を持とう(誓)

 

オオトリは綾塚さん。

# 雑学茶会でもいろいろ発揮してくださいますが、

今回は確率の話をデモを用いながらお話してくださいました。

コンプガチャのデモ、モンティーホール問題のデモ

モンテカルロ法から円周率を求めるというデモを見せていただいたのですが、

最後はそのつくりの方にみなさんの興味が・・(笑)

コネタ炸裂です。さすがです。

 

この二日間いろいろな方々が来場してくださいました。

ブースからあふれてしまうくらい。

びっくり、かつとてもうれしく思いました。

 

さらに日曜数学会でおなじみのみなさんも

みにきてくださったり、いろいろお手伝いいただきました。

みなさま本当にありがとうございました。

 

いろいろな合間にもみなさまから

イデアをいただけたので、

そんなことも今後実現できたらとも考えてます。

 

最後に。

いつも地味に事務的なことをやり、

twitterでぶつぶつつぶやき、

ひょんなところからインスパイアして

自室で一人ああでもない、こうでもないと考えて

相談できるようなできないようなといったところで

「いつもこんなだし。」と

日曜数学会でなんとなく困りながらしれっと発表してるので

すごく謎なのかもしれないなぁと思っていたのだけど。

 

意外な言葉が聴けたので

ちょっとほくほくしちゃいました。

しばらくそのフレーズ引き出しから出してきて

ニヒッとして、またしまっておいて、

だめかもって思ったときにまた出してこよう。

またがんばれるな。それだけでも。

 

あたしの今年の対外活動はこのアゴラで年内は終了で

ここからちょっと熟成期間をもらおうかと思います。

今のところ、来年2月までは対外予定はないかも。

 

その熟成期間にて何か用意しておきます。

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイエンスアゴラ。

サイエンスアゴラに日曜数学会としてブース発表することになりました。

ぜひぜひ遊びに来てくださいませ。

 

とりあえずデジタルフライヤでご紹介。

produced by 塩鯖でございます(^^;

f:id:tsunut:20161012205052j:plain

f:id:tsunut:20161012224722j:plain

 

日曜数学会vol.7開催

日曜数学会vol.7が10/1に開催され、

会場にいらしてくださった皆様、

さらにニコニコ生放送からの参加者多数と。

回を重ねるたびに参加希望人数が増えていく感じで

本当にありがたく思います。

 

今回の会場は台東区入谷のSOOO dramatic!にて

sooo-dramatic.com

 

f:id:tsunut:20161002063450j:plain

ロケーションも会場自体もなかなかの場所でした。

今回は急遽、うちの二男(中一)が参加したいといったので

つれてきました。

記憶がある方はそうそう。この日曜数学会vol.5で発表した子です。

2016-03-29

今回も?日程バタバタ気味の準備だったのですが、

まぁ、5回の経験を踏まえて?なんとか先回りしてやった・・・かも・・。

とにもかくにもスタートしました。

f:id:tsunut:20161002064313j:plain

そうか。10月開催なのでハロウイン出してオッケーなんですね。

今回の発表タイトルはこちら。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

キグロ モンティホール問題を数式で解く
ちばまさみ お洋服と数学と
辻順平 ラマヌジャンやばいじゃん
nkjmゆう Infinite monkeyに生命誕生を託してみた
リスカ TBA
横山明日希 好きな数字は何ですか
福原和朗 トーナメントは運か実力か
数学カフェの中の人 リーマン面のモジュライを学ぶべき3つの理由
まこぴ~ ビジュアル系で行こう
近谷邦彦 不等式の証明
リング 関数から定義域の形を知る
mattyuu リーマンゼータ関数のゼロ点を手計算してみた

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

キグロさんのモンティーホール問題。

あたし、以外に確率統計好きなので非常に楽しみました。

モンティーホール問題という名前では知らなかったのだけど

現象自体はわかりました。一般化されるとなるほどといったところ。

 

tsujimotterさんは大いにmath_powerを意識されたテーマ。

ラマヌジャンやばいじゃんと韻を踏んだところがにくいです。

映画楽しみですねえ(苦笑)

 

あたしは文献を発掘したらおもしろくなっちゃったので

お洋服をテーマに話をしました。

きちんと説明しようと思ったら、5分は厳しいです(汗)

かなり解説をとばし、内容もほんの最初で終わっています。

今度は少し考えます。

 

mattyuuさんは手計算!で勝負、いわゆる「力技」の数学。

スライドがなかなかおもしろいつくりになっていて

あたしはそこに注目しちゃいました。

でも内容はごつい・・・そのギャップがたまらないです。

 

「数学のお兄さん」の横山さん。

お兄さんばりのさわやかさをかもし出しながら

なかなか濃いです(笑)

好きな数字はなんですか?のランキングのお話。

ちなみにあたしも13が割と好きです。

「使う」数字で好きな数字というなら60とか50とかですか。

1時間=60分にしたのは、

2でも3でも5でも割れるところに神秘を感じたとかいいますしねえ。

 

数学カフェの中の人さん。

リーマンメンがラーメンマンに似てるといわれて、

なるほど(笑)とほほえんでしまいましたが、

内容はそんなほほえましいものではない・・・難しいです。はい。

質疑応答で相転移という言葉に激しく反応しちゃいました。

遠い昔の研究は「glass trasition 」(^^;;;

思いっきり相転移です。はい。

力不足で構造解析までいけませんでした(泣)

 

リングさん、

あたしのオイラー数の話を受けて、

セル分解をつかったオイラー数の求め方を解説してくださいました。

うわー。ありがとうございます!

お洋服なら、そのほうが考え方楽ですね。さすがです。

コメントでもありましたが、トーラスの描き方がきれいです◎

 

nkjmゆうさん

もう日曜数学会のいきものがかり定着です(笑)

Bacillus!Bacillus!!ですよ。

食品微生物学の成績がいまいちだったあたしも引きが強い話です。

塩基配列的な問題もきっとあるんだろうなとかとか。

 

福原さんは初参加!ありがとうございます。

トーナメントの話。よく確率統計のトピックであがることが多いのが

トーナメントかも。

シードとか、敗者復活とかをからめると話が面白そう。

なかなか数学的に楽しめた。

 

まこぴ~さん、

遠いところから、また二回目の発表もしてくださいました。

ありがとうございますv

今回の発表自体の工夫がこらされていて、そこがすばらしいです。

グラフがきれいで、ビジュアル系!

 

初参加の近谷さん、

すごく式の書き方がきれい。

ホワイトボードに書きなれていらっしゃるなぁと思いました。

慣れていないとうまくかけないです。

問題自体は見覚えがありまして、

ひさびさに大学の数学を思い出しました(笑)

数学オリンピック的な解き方って・・(^^;;あるんですね。

 

もう最後、オオトリはみんな大好きクリスカさん。

二重積分の問題をもって登場!です。

中身の積分を解いていくというのは

もちろんセオリーなんですが

そこからその、数学的発想でしれっと解いてしまうところが

リスカさんのにくいところかと。

さらに答えもすきっとしているところがさらにうなります。

 

展示物も充実してました。皆さんなんとなく展示してくださるので楽しめます。

f:id:tsunut:20161002075319j:plain

f:id:tsunut:20161002075454j:plain

あたし、ポップ書く暇がなかったんですが、

持参したのはフエルト縫い本体と型紙の本と「数学女子」と「もうぬげない」

なぜ「もうぬげない」??だったかというと、

数日前に「被服の裏返し」の文献を見つけたんですが、

ぱっと思い出したのがこの絵本。

幾何に心得のある方はちょっと考えてみてくださいね。

 

今回もいろいろな皆様のご協力のうえ無事に開催終了となりました。

本当にありがとうございました。

お楽しみいただけたのなら幸いです。

 

本会は早くもこれが年内最後の開催で、

次回はおそらく来年となります。

今回参加できなかった方も、

ニコニコ生放送で楽しまれた方も

機会がありましたら、ぜひ本会にもご参加ください。

 

スタッフいろんなところにおじゃまして

宣伝効果も出てきたのか、

参加募集ー締め切りの期間がだんだん短くなってきています。

一度発表したいと思われる方は

お申し込み情報等開示された時点で

すぐにお申し込みください。

 

毎回12名前後となっており、

先着順なのですぐ埋まる可能性が高いです。

(なお今回もお申し込み方法開示されてから

1日で発表定員が埋まってしまってます)

なお、発表タイトル等はぎりぎりまで変更等承ります。

 

「参加してみるだけはどうなのかな・・」とためらわれる方も

いらっしゃると思います。ですが

おもしろそう!と思ったら、ぜひお申し込みください。

 

今回も本当にありがとうございました。

 

なお、特別編として

11/5-6にサイエンスアゴラにて

日曜数学会、展示およびブース発表を

することが決定しました。

詳細はまたお知らせしていきたいと思います。

ぜひぜひこちらにも遊びに来てくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜数学会vol.7のLTについて。

日曜数学会vol.7の情報開示になってわずか数日で

定員に達してしまい、募集締め切りとなってしまいました。

(参加を考えていた方、ごめんなさい!)

開催当日、恒例のニコニコ生放送を実施いたしますので

都合がつかなく参加できなかった方、

締め切りに間に合わなかった方、生放送でお楽しみください。

 

さて、すでにLT発表テーマが発表されております。

今回は「お洋服と、数学と。」というテーマでお話します。

基本、日曜数学会の家庭科担当なわけですが(?)

どこかで数学と結べるはずとは思っていたのだけど

糸口がみつかりました。

ある意味お家芸?ともいえる食品を飛び越えて

得意とはいえないお洋服。

さらに勉強したこともない幾何・・・。

 

あたしは人に対して一目惚れとかはまずありえないですが、

書籍とか学問とかたまにそういうことがあって

(あ。白状しますが食品工学はまったくの一目惚れからスタートです。)

そんな一目惚れで、まったく何もわからない状態からの

にわかに始まってこの発表となっています。

 

以前とある会合で

「塩鯖さんて、おっとりしゃべるんだけど、

 なんか「熱」を感じるんだよねぇ。」っていわれましたっけ。

 

この日曜数学会にてよく見られる

「知的に興奮状態」というよりは

静かに、でも熱を持って進行中なんだろうなとは思ったり。

 

なんとかがんばります。安心材料なんてどこにもないんだけど。

 

当日お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜数学会vol.7について

先日、情報開示になりました。

日曜数学会vol.7の開催要項はこちらとなっています。

第7回日曜数学会

 

ご注意していただきたいのは

前回までと申し込み方法を変更いたします。

参加募集およびLT(発表枠)の参加申し込みは

9/17より開始

となっております。

上記の開催要項のページにて

申し込み方法をお知らせいたしますので

今しばらくお待ちください。

(すでに上記のページにて

参加申し込みをされている方がいらっしゃいますが、

これで申し込み完了とはなりません。

9/17にお手数ですが

再度お申し込み手続きをしていただければと思います。

 

ありがたいことに回を重ねるにつれ

参加人数も増えてきて

情報開示してすぐにLT発表枠も

聴講のみを含む参加枠も定員一杯となり

募集締め切りという状況になってきています。

 

聴講のみ(いわゆる聞き専)だからまだまだ平気でしょうと

思っていたらすでに募集を締め切られていた!というケースも

あったようなので、

聴講のみでも遠慮なさらずに早めに参加申し込みをされることを

お勧めします。

(スタッフの私でも前回油断していたら

申し込み多数となっててあわてたくらいです(汗))

 

なお、都合により、このvol.7が

年内最後の日曜数学会となっております。

なので楽しくやりましょう。

お待ちしております。

 

お申し込み方法等、変更されており

お手数おかけいたしますがよろしくお願いいたします。